トップページ > 製品・サービス > 葬祭業務支援システム「葬儀2000plus f」オプション機能

葬祭業務支援システム「葬儀2000plus f」オプション機能


「葬儀2000plus f」では、登録されているデータを利用して、期間や担当者・地域を絞り込んだ売上一覧表や入金未入金一覧表などを簡単に出力することができます。

さらに、より詳細な分析ができるオプション機能として分析ツールを用意しています。「葬儀2000plus f」の項目(担当者・支店・会員種別・地区・死亡場所・寺院など)と葬儀施行売上や件数期間などを、ご要望にあわせて組み替え、集計ルールを作成いたします。この集計ルールを選択するだけで、集計表とグラフはが簡単に作成することができます。



【ビジュアル見積】
「葬儀2000plus f」では、オプション機能のひとつに、ビジュアル見積書という機能をご用意しています。商品マスターに商品画像を組み込み、見積で選択された商品・サービスの画像を一覧で表示いたしますので、より分かりやすく見積の内容をお客様にお伝えすることができます。
また、カタログとは異なり、そのお客様の見積内容の商品だけを表示いたしますので、お客様に対するオリジナルのカタログとしてご提示して頂けます。



【ビジュアル日程】
もうひとつのオプション機能として、ビジュアル日程表という機能が用意されています。
見積に選択された商品・サービスを時系列に並んだ葬儀施行の日程の中に配置して日程表を作成する機能です。一般のお客様には分かりにくい葬儀の商品やサービスが、どの場面で利用されるものなのかが一目で分かり、その必要性と価値を、視覚的感覚的にご理解して頂くことができます。



【祭壇デザイン】
お客様の視覚に訴えるアピールツールとして、祭壇デザインという機能も用意されています。
祭壇に対してマウスのドラッグで実際に生花供物を配置し、祭壇のイメージをご説明しながら、喪家様の生花供物の注文を頂く利用をして頂きます。ご注文頂いた生花供物は、一覧として印刷可能ですので、その場で祭壇イメージとともに喪家様にお渡しすることができます。



【ビジュアル打合せ(現場見積)】
「葬儀2000plus f」ではお客様との打合せ現場での見積用として、ビジュアル打合せ機能を用意しています。営業担当者は、会館でサーバにLAN接続した状態で、まず訪問先のお客様情報の入力を行い、それを持ち出し用としてノートPCに取り込みます。サーバと切り離した状態で、この取り込んだ1件のお客様情報のみを持ち出し運用が可能です。打合せ後に会館に戻り、打合せしたお客様の情報や見積内容を営業担当者のノートPCからサーバに取り込みます。


ビジュアル打合せは、現場打合せに特化した仕様となっており、打合せの流れの順にあわせたメニュー項目を作成し、その流れに沿って現場で打合せを行いながら簡単に見積書を作成することができます。
どなたにでも、打合せ漏れや計算のミスが無く見積書を作成して頂けるというのが大きな特徴です。また、お客様の前でのキー操作を少しでも少なくして担当者の負担を軽減する為に、業界初のバーコード入力機能も持たせています。ビジュアル打合せ機能を利用した、御見積書以外に前述のビジュアル見積書、ビジュアル日程表などをその場で印刷し、喪主様にお渡しすることができます。