トップページ > 製品・サービス > ビジネスチャットアプリ「BANチャ」

ビジネスチャットアプリ「BANチャ」

PC・スマホ・タブレットで使える!
IoT機器からの情報も共有可能なビジネス情報共有チャットアプリ!


※上記エリア内で動画が再生できない方はこちらからどうぞ(YouTubeページが開きます)

ビジネスチャットアプリ「BANチャ」の主な機能

1.グループチャット機能

1つのグループ内で複数のユーザーと会話や画像等のデータのやり取りが可能です。

2.未読・既読確認機能

見てほしい情報を、見てほしいタイミングで確実に伝えられる "閲覧リクエスト機能"と"既読通知機能"

3.プッシュ機能

IoTボタンを押した任意のタイミングやカメラセンサーで特定の位置に手をかざすと自動的に閲覧リクエストを送る機能等最先端のIoT機器を活用する機能です。

4.IoT機器連携

RICOHインターラクティブホワイトボード、WEBカメラ、 iビーコンボタン等、様々な機器からの情報をタイムライン上に情報として通知できます。

5.テキスト検索機能

6.利用状況確認機能

ビジネスチャットアプリ「BANチャ」の運用事例

WEBカメラ + ホワイトボード + iビーコンボタン

既設のホワイトボードを利用して、書いた内容をカンタンかつ安全に情報共有! システムへの煩わしい入力は一切無し、且つ、現状の業務の流れを一切変えずに、手軽に導入できる新しいカタチの情報共有ツールです。

こんなお困りごとを解決!

Webカメラで

ホワイトボードの情報が社内にいる時しか見ることができない為、外から電話で毎回確認するのが大変面倒だ。
権限を付けたユーザーアカウントを発行し、安全に社外からも閲覧できます。社員・パート・アルバイト・外部スタッフとの情報共有を安全に行うことができます。また、退職や契約解除の際には、管理画面からアカウントを削除して該当者を利用不可にすることができます。

チャット + IoTセンサーからの通知情報で

WEBカメラは設置しているが、情報共有には活かせていない。
既設のWEBカメラは、施行状況等の映像把握目的でアプリに接続し一元管理することで有効活用。さらに、各種センサーからの情報と現場担当とのチャットで、迅速かつ確実な情報共有を実現します。

情報セキュリティの向上

社員同士でLINEやFacebookなどを使って連絡を取っているが、無料ツールの利用には不安がある。
ビジネス用チャットツール「BANチャ」を利⽤することで、個人SNSの業務利用によるコンプライアンス対策となり、無料ツールをビジネスで利用するリスクを回避できます。

作業効率アップ

ホワイトボードに書いている情報を、他の帳票等にも記載するため二度手間になる。
ホワイトボードの更新履歴を画像でクラウド上に残すことができるので、履歴参照が可能となります。今までの手書きによる業務を一切変えずに、履歴等は自動で保存され、通知したい情報のみを任意に通知したい相手に送ることができるようになります。
RICOHインタラクティブホワイトボードを利用した場合、手書内容のデータ化も可能です。

・画面および仕様は2017年6月現在のもので、予告なく変更することがあります。
・すべての商品名または規格名は関係各社の商標または登録商標です。